費用が安いすのこベッドがベスト|耐久性もバッチリ

湿気対策のできるベッド

寝る人

梅雨や夏の快適ベッド

すのこベッドのイメージとして、押し入れなどで布団と板の間に少し隙間を作り風通しを良くして湿気対策をする「すのこ」の大きなものを思い浮かべます。すのこベッドが人気のわけは、ジメジメした季節に風通しを良くしてカビ対策ができるというところでしょう。湿度の高い梅雨時などは、布団と床、布団と畳の間に湿気がこもり布団にカビが生えたり、床のワックスがはげてしまったり、畳が傷んでしまうなど、湿気で布団や床、畳にもダメージを受けてしまうのです。また、熱を逃がしてくれるすのこベッドは、寝苦しい夏の夜を少し快適にしてくれるという嬉しい特徴もあります。そんな湿気対策や夏の暑さに抜群の効果を発揮してくれるのが、すのこベッドなのです。梅雨から夏の間だけ使用したい場合は、シーズンオフに収納することも考えて折りたためたり、クルクルッと巻いて場所を取らず収納しやすかったりするものが良いでしょう。オールシーズン使用したい場合は、機能面も考えて収納付のベッドやベッド下を有効に使えるロフトベッド、ベッドにもなりソファにもなる2wayタイプも独身者にはありがたい機能です。このように、すのこベッドには普通のベッドに負けないくらい豊富な種類があるので、理想に近いものを選びやすいです。そして、もう一つ気にしなくてはならない点は「すのこの材質」です。特に桐は熱が伝わりにくく湿気に強いということもあり、ジメジメの梅雨から暑い夏にピッタリの材質ですのこベッドに向いていると言えます。ですが、このすのこベッドでもカビが生えてしまうことがあります。しっかりと布団をこまめにあげるなどして、お手入れしながら使うことが大切です。